保育士

仕事選びの方法

保育士に転職する場合、求人の選び方や選択基準にも注意する必要があります。人によって選択基準は異なりますが、最初にしっかりまとめておくといいでしょう。自分にとって何が大切なのか、基準を決めておけば職場も見つけやすくなります。

詳しく見る

女の人

問い合わせなどに対応

電話で会社への問い合わせを受けたり商品などの情報発信を行うコールセンターでは、求人の際に未経験者の方も応募可能となっているものが多く、働きやすい仕事として人気です。仕事を通して、しっかりとした対応の仕方や敬語の使い方を学べます。

詳しく見る

ニュース一覧

仕事を見つける方法

スーツの人 仕事として興味があるのが携帯販売だった場合、どうやって求人情報を見つけるのが良いか、それはインターネットの求人情報サイトを利用することです。サイトに登録して仕事を探していけて、エントリーもインターネット上から可能です。

詳しく見る

目的に応じて使い分ける

ウーマン 秘書として採用されるためには、どのような秘書になりたいかを明確にする必要があります。国会議員と会社の社長と秘書では全く仕事が異なるからです。同じに重要になるのは、求人サイトの絞り込み機能です。絞り込みしやすいサイトを選んでみましょう。

詳しく見る

仕事の特徴や内容

男女と子供

保育士として転職活動を行うときには保育士専門のサイトなどで求人探しを行ってみましょう。求人によって条件や給料などを大幅に異なりますので、自分に合った求人を探して応募してください。採用率を高めるためには複数の求人に応募してみましょう。

詳しく見る

やりがいのある仕事

レディ

就職に有利なスキル

秘書という仕事をご存知でしょうか。秘書とは、顧客とのやりとりやスケジュール管理など様々な業務を通じて、上司をサポートするお仕事です。かゆいところに手が届く、といった具合に、細かなことに気付き、対応できるスキルが求められます。秘書として採用されるためには、そのようなスキルがあるということをアピールしなくてはなりません。では、その採用ポイントはどのようなところにあるのでしょうか。まず一つ目が、語学力です。近年は、国際化が進んでおり、日本企業が海外へと事業を広げるということも多くなってきました。小さな会社だとしても、ゆくゆくは取引を世界に広げていくという可能性もあるのです。そのため、英語力は今や、秘書にとって必須と言われているスキルです。英語検定や留学経験の有無などをアピールすることで、採用されやすくなります。また、英語だけでなく、他の国の言語もある程度話すことが出来ると、さらに優遇される傾向にあります。もう一つが、敬語の使い方などの基本的ビジネスマナーに精通しているということです。秘書検定などを持っていると、そのようなマナーを持っているという一つの指針になりますのでおすすめです。しかるべき場所でしかるべき言葉遣いが出来ること、電話対応などの丁寧さなど、細かな配慮が出来ることが一つのポイントとなります。秘書のミス一つで、上司、そしてその顧客に迷惑がかかってしまうことも多いため、厳しい採用ポイントが多々ありますが、それだけやりがいのある仕事であると言えます。

Copyright© 2017 秘書で採用されるためには?資格やマナーを習得しよう All Rights Reserved.